持ち運びに便利なポケットwifiですが、ソフトバンクでもサービスを提供しています。
外出先でもPCやゲーム機などをインターネットに接続できるので、重宝している人も多いと思います。
ソフトバンクのwifiルーターは一体どのようなものなのでしょうか?
今回は持ち運びに便利なソフトバンクのwifiにスポットを当て、使い勝手などを見ていきます。

 

 

ソフトバンクのポケットwifiはお得なのか?

 

wifiを持ち運び、ソフトバンクのモバイルデータ端末ってどう?

 

スマートフォンや携帯電話で人気のソフトバンク。
そんなソフトバンクが提供しているポケットwifiがお得かお得なでないかを見てみると、残念ながらソフトバンクのポケットwifiはお得ではありません
というのは、WiMAXやY!mobileでは、データ通信量が無制限になるプランがあるのですが、Softbankには、このようなプランはありません。

 

ソフトバンクのポケットwifiは月額料金3,696円で使えるのですが、月7GBまでのデータ容量しか使えないため、使い勝手が良いインターネット回線とは言えません。

 

ソフトバンクよりも安くて無制限に使える、業界最安級Broad WiMAXを確認してみる

 

現在のインターネットの利用の仕方としてはメールやWEBサイトを閲覧するのはもちろんですが、動画の視聴も一つのサービスとして優れています。
Youtubeなどを利用して、動画を観る方は多いと思います。

 

wifiを持ち運び、ソフトバンクのモバイルデータ端末ってどう?

 

実は、動画の視聴は最もデータ量を消費します
例えば、Youtubeで動画を観る場合、一般画質の動画なら7GBで約35時間の視聴が可能です。
大体1日、1時間という計算でしょうか?

 

これがHD画質のものになると、データ量は跳ね上がり、7GBで10時間程度しか見られなくなります。
こうなると、月の半ばでデータ量を使い切ってしまうということが起きやすくなってしまいます。
よって、ポケットwifiでインターネットを快適に行うのなら、データ量が無制限になるプランに加入した方がお得になります。

 

以上のことから、データ量無制限の使い放題プランがないソフトバンクは、あまり使えるポケットwifiとは言えません

 

無制限に使えるポケットwifiは業界最安級で人気の「Broad WiMAX」

 

持ち運びに便利なwifiだけど、ソフトバンクの電波や通信の品質はどうなの?

 

ソフトバンクの通信エリアは広く、基本的には日本全国でポケットwifiを使えます。
しかし、通信の質は、それほど高くありません。
これはなぜなのでしょうか?

 

 

wifiを持ち運び、ソフトバンクのモバイルデータ端末ってどう?

実は、Softbankでは通信量を削減するために、勝手にデータ内容を省略される「最適化」というシステムがあります
これが起きるとどのようなことになるのでしょうか?

 

  • 動画や画像を開く時に時間がかかる
  • 他社の通信に比べて画質が悪くなる

 

このような事態に陥ります。
折角、高画質で動画を観ていたとしても、通信量の削減として、解像度が低いものになってしまったら、インターネットを充分に楽しめません。

 

また、アプリのゲームなどを行う上でも弊害が出てきます
ソフトバンクの最適化のせいで、ゲームデータに不具合がでるという事例も報告されているので、頻繁にアプリのゲームをされる方は要注意です。

 

最適化は一見すると、便利なように思えますが、実はソフトバンクが通信量を抑えるための手段でしかありません。
常に劣化したコンテンツしか見られないのであれば、やはり、インターネットを快適に楽しむのは難しいでしょう。

 

 

ソフトバンクのポケットwifiで月7GBの通信を超えるとどうなるのか?

 

前項でも説明したとおり、Softbankには月7GBまでという、通信量の上限が決められています。
仮に、7GBをオーバーしてしまった場合には、どのようなことになるのでしょうか?
データ量の上限を超えてしまうと、通信速度が制限される「通信制限」に陥ります。

 

こうなると、通信速度が128Kbpsまで低下します。
128Kbpsというのは、WEBサイトを読み込むまで5分程度もかかってしまう、超鈍足のスピードです。
よって、一度通信速度制限になると、ネットの利用が困難になります。

 

通信速度制限になったらどうすれば良いのか?

wifiを持ち運び、ソフトバンクのモバイルデータ端末ってどう?

一度通信速度が制限されると、料金の請求月末まで通信速度が128Kbpsまで低下します。
低速化する際は、お使いの端末に予告が入るようになっているので、突然使えなくなるわけではありません。
仮に、月半ばで速度制限になってしまうと、月末まで低速化したままなので、非常に困りますよね?

 

ソフトバンクでは、制限された通信速度を通常速度に戻すための処置があります。
それは、データ量を追加で購入する方法です。
1GBあたり、1,000円で購入することができます

 

この方法を使えば、通信速度を元に戻せます。
しかし、1GBで1,000円するので、あまり頻繁には使えません。
使うのは、どうしてもインターネットが必要な時だけに限定すると良いでしょう。

 

 

仮にソフトバンクでwifiを契約するなら、どの端末を選べばいいのか?

 

ポケットwifiは最新機種程、性能に優れているので、余程の理由がない限りは最新端末を選ばれると良いです。
ソフトバンクの最新端末は「Pocket wifi 601HW」という製品です。

 

wifiを持ち運び、ソフトバンクのモバイルデータ端末ってどう?

 

601HWではキャリアアグリゲーションという技術を採用しています。
これについて少し説明しましょう。
キャリアアグリゲーションは、複数の周波数帯を、一つにまとめ、従来よりも大量のデータ通信を可能にする技術です。

 

そのため、通信速度が速く、下り最大速度、612Mbpsを実現しています。
高速通信が可能なので、ゲームはもちろんですが、高画質の動画も充分快適に見られます。
通信量の上限があるので、注意は必要ですが、圧倒的な速度はインターネットをする上ではとても大切です。

 

ソフトバンクのポケットwifiで迷ったら「Pocket wifi 601HW」を選ばれると良いでしょう。

 

 

結局、ソフトバンクのポケットWi-Fiは「買い」なのか?

 

持ち運びに便利なポケットwifiを展開するソフトバンクですが、積極的におすすめできる端末ではありません。
やはり、データ量の無制限プランがない点が、大きなマイナスポイントです。
また、通信の質にも問題があります。

 

最適化という独自のシステムが働くので、高画質の映像を見たりする場合には、注意が必要です。
料金は月額3,696円〜となっているので、他社のポケットwifiと比べて、極端に高いわけではありません。
最新端末を使えば、612Mbpsの使用速度が出るので、それなりには使えるでしょう。

 

とはいうものの、インターネットを快適に楽しみたいのであれば、データ容量無制限プランがあるWiMAXを選ばれることをおすすめします。

 

無制限に使えtて業界最安級で人気の「Broad WiMAX」公式ページを見てみる

 

 


このページの先頭へ戻る